スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
「日曜庵」(★)
立地:柴又駅最寄 営業時間:11:30- 定休日:月曜〜木曜 (飲み物) そば茶(★★★) 松の司 特別本醸造(★★★) (食べ物) 塩(no) ちりめんじゃこ(★★) せいろ(no) 粗挽き田舎せいろ(★★★) 客単価:2850円 訪問月/時間:01/12:00 >>コメント<< 趣味で蕎麦屋を営んでいる店。情報によると名の通った店で修行し、そば粉にこだわっているそうだ。 そば茶は香ばしく、バニラの風味がある。蕎麦だけで淹れているわけではないと思われる。松の司はバランス良い酒。米由来の味わいがあり、後口が少しキレる。 つまみについてきたのがちりめんじゃこ煮と塩。推測するにいろんな塩のブレンドのようだ。酒に合わせるためにはきちんと個性を感じられる塩にした方が良いだろう。 酒と一緒にせいろを食べようと思っていたが、お店側の配慮で飲み終わるまでせいろには取りかかっていなかった。外で20分待ち、席に着いてからおしぼりとメニューを持ってくるまで10分待ち、注文してからさらに待たされるというのはストレスがたまる。 そして出てきたせいろは麺が中くらいの太さ、繋ぎが弱く、茹で不足、ザラザラと粉っぽいもの。蕎麦切りという技術が未熟なため、素材がそのまま出されている感じだ。 香りを活かすため水洗いを手早くし、ぬめりを残している。蕎麦の冷え具合も弱い。厨房からの音で想像するに、茹でる直前に蕎麦を切っているようだ。いずれにしろ、このせいろは評価外の品だ。 おかわりで粗挽きの田舎せいろ。粗挽きにするとこねの段階の未熟さが出なくなるので、これは違和感なく食べられる。粗挽きは繋がりにくいと言うが、それは食感や茹で時間、太さを考慮し、完成させるのが難しいということ。ここのは完成にほど遠く、素材を楽しむ、石臼挽きを味わうだけの蕎麦なので、そう割り切り、粗挽きを頼めば、楽しい体験であるかもしれない。 飲食店の運営は素人で、とにかく待たされる。店内への案内も、料理の提供も、2〜3組をまとめてこなしている。おもてなしは期待しない方が良い。ご主人の趣味を覗く、そういう趣向で訪れるのであればひとつの話題となるだろう。 12:00を過ぎるとずっと行列が7〜8名になり、これで40分近く待たされることになる。11:30開店に合わせて入れるように訪れるのがいいだろう。 だし巻きは玉子約4個分でリーズナブル。蕎麦を食べるのなら素材の良さで満足できるそばがきや粗挽き田舎せいろ。待たされている客のことを考えるとゆっくりと酒を楽しむことがためらわれる。
JUGEMテーマ:グルメ
| fuku-men | 20:18 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:18 | - | - |
Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode