スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
「BAR Sheets」(★★★★★)
立地:三軒茶屋駅最寄 営業時間:19:00-5:00 定休日:日曜 http://www.bar-sheets.com/ (飲み物) ジントニック(★★★★) ドライマティーニ(★★★★) (食べ物) コンソメスープ(★★★★) 客単価:約3000円 訪問月/時間:09.9/2:00 >>コメント<<< 三軒茶屋のオーセンティックバー。席に着くとまずコンソメスープが出てくる。カクテルの味、雰囲気、グラスとすべてが重厚な時間を演出してくれる。 □□□□□ ところで、カクテルの味を評価するというのはどういうことか説明したい。 □□□□□ たとえばジントニック。ジンとライム、トニックウォーター、そして氷。素材はこの4つである。ジンの種類、トニックウォーターの種類、氷を作る水の質、それぞれの素材の割合。氷の形、炭酸の強さ。グラスの形状と氷の形の関係。バーマンによってはそれぞれの素材の温度も工夫している。 □□□□□ 素材の味を別々に感じるカクテルは下品である。ありがちなのがジンを強く感じてしまう例。もしくは氷に臭い(冷凍庫臭もしくは水臭)がある例。 □□□□□ 素材がひとつの方向性を持っていれば、個性的な素材を選んでも素晴らしい1杯になる。最近はプレミアムジンを使用して、その方向性に他の素材をまとめるケースがある。これはこれでいい。 □□□□□ また、トニックによる炭酸の強さは仕上がりに大きな影響を与える。炭酸が強く残っていればいいというわけではない。炭酸の強いトニックはカラッとした口当たりになり、弱い場合は苦みを感じることになる。他の素材とのバランスによって、炭酸の強弱を調節するわけだ。 □□□□□ 評価をするということは、その基準を明瞭にして、判断するということである。バーマンが1杯のカクテルを作るということには、それ以上の経験が問われる。 □□□□□ 実際に味わって、その上でこのような考察を行い、1杯のカクテルを評価しているのである。
JUGEMテーマ:グルメ
| fuku-men | 11:32 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:32 | - | - |
Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode