スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
「サロン・ド・シャンパーニュ・ヴィオニス」(★★★★)
立地:銀座駅徒歩5分
営業時間:月〜金18:00-27:00/土18:00-23:00
定休日:日祝
http://www.vionys.com/

(飲み物)
-シャンパン3種-
(★★★★)

(食べ物)
お通し カボチャのポタージュ(★★★)

-前菜3種-
リンゴと生ハム(★★★)
蒸し鶏(★★★)
牡蠣フライ(★★★)

客単価:5250円
訪問月/時間:08.11/21:00

>>コメント<<

シャンパンの銘柄は覚えていない。飲み終わってからスタッフに話しかけられたので、「美味しかったけど、どの銘柄を飲んだか覚えていない」と言ってみたのだが、もう1度ボトルを見せてくれることも、銘柄のメモをくれることもなかった。

月〜金の18:00-19:30に着席した客は4200円+チャージ1050円でシャンパン1銘柄が2時間飲み放題となる。

2002年全日本最優秀ソムリエでオーナーの阿部さんは柔和な感じ。マネージャーの武井さんのコメントは正確で、客に話しかける間が自然で、空気を変えずに会話に入ってくる。基本は武井さんが接客を担当し、ひとり客など阿部さん目的で来店する客に対して、阿部さんがサービスをしてくれる。

BGMはなく、客同士のハイソな会話が続く。インポーターなどの業界関係者にとってこの店は旗艦店と言ってよく、出入りが多いようだ。そのような付き合いから、稀少なボトルを空けることも多い。それらを破格で1杯ずつ飲めるそうだが、元々が高価なので3000円以上も珍しくない。

今回注文した3種類飲み比べ。100ml程度は注いでいるから、チャージを込みで考えてもお値打ちである。ただこの縁が広がる形状の細いフルートグラス、安っぽい。

中には泡が少々抜けているものもある。自分に注いでボトルが空いたものについては、最低でも24時間は経ていただろう。

シャンパンをキリキリに冷やして、泡がきついやつを飲むのが好きな人もいるだろう。しかしぶどうや造り手の個性を楽しもうと思うと、冷えすぎでは個性が隠れてしまう。泡立たせずに注いで飲むと、二酸化炭素の苦みが舌を刺激し味のバランスが崩れる。

かと言って抜栓してから泡が抜けてしまうと、ぶどうの高貴な香り、瑞々しさが弱ってしまうことがある。抜栓してすぐのものを、清潔なグラスに程よく泡立たせて注ぎ、常に香りが立ち上る状態で飲むのがベストである。

料理はあくまでシャンパンの個性を際立たせる脇役で、この店で食事をする魅力はない。1品1品時間がかかるわりには、上品な食堂レベルの味だ。

椅子やテーブルの高さなど、寛げる配慮はある。エアコンの暖房が強かったのが残念。閉鎖空間の店内の空気は、ちょっと気分が悪くなるほどだった。

シャンパンをゆっくり味わうには、素晴らしい空間である。女性客が多い。稼働率100%。待ち合わせや、食後の口直しの利用に向いている。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 08:29 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:29 | - | - |
Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode