スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
「横浜オクトーバーフェスト2008in 赤レンガ倉庫」(★★★★)
立地:馬車道駅徒歩7分
営業時間:平日12:00-21:00/土日祝11:00-21:00
http://www.nihon-oktoberfest.com/fest_place/yokohama/index.html

(飲み物)
キリン オクトーバーフェスト(★★★)
シュパーテン オクトーバーフェストビア(★★★★)
キリン スタウト(★★★)

(食べ物)
バデンザ ジャーマンプレート(★★)
バデンザ ドイツ風ラビオリ(★)
バデンザ 枝豆(★★★)
横浜ロイヤルパークホテル 点心3点(★★★)
横浜ロイヤルパークホテル 鮪とアボカドのタルタル(★★)

客単価:約5000円
訪問月/時間:08.10/14:00

>>コメント<<

毎年恒例、秋の楽しみである。今年で3回目の参加だが、基本的な内容は毎年変わらない(サンクトガーレンは今年初出展だと記憶する)。入場料200円で、オープンエアで秋の日の下、昼下がりからビールを飲める。

このような雰囲気、横浜にぴったりである。参加者の半数は女性で、ビールを美味しそうにグビグビと飲んでいる。気持ちのいい光景だ。

フードに関しては期待しない方がいい。バデンザの料理については看板の写真と実際の内容が大きく違い、写真ではソーセージ5本のプレートが実際には3本だった。味は悪くないし、断トツの一番人気である。なだけに、そのあたりは誠実さが求められる。

バデンザの料理はどれも冷めていて、その点も不満だ。一方横浜ロイヤルパークホテル の点心は熱々で、これだけでも嬉しい。しかし鮪とアボカドのタルタルはソースがほぼゼロで、シェフの技量には疑問符が付く。アボカドも若くてかたい。

ファイブミッションのグリル料理は魅力的だったが、食さなかった。客も全く寄りつかない。演出が足りないのだ。素材を活かした料理は好印象だが、ビールが主役の舞台では力不足だ。枝豆や唐揚げを盛り合せたプレートを用意しておけば、それなりに客が入っただろう。

このイベントの特徴のひとつが、ドイツ風の楽団の演奏である。ただし、今回は壇上での演奏と踊りしか見られなかった。以前、外で、客の目の前で演奏と踊りをして、大盛り上がりになった。

時間帯によるのかもしれないが、迫力ある間近での演奏が見られなかったのは残念である。すぐ傍での演奏と踊りは盛り上がるし、いい思い出となる。これを忘れずに、今後も変わらぬ運営を期待したい。13日(月)まで開催している。
JUGEMテーマ:グルメ
| fuku-men | 20:49 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:49 | - | - |
Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode