スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
覆面調査ブログのスタート
「のんべのつぶやき」をご愛読していただいていた皆様、お久し振りです。ブログを閉鎖してからおよそ半年。ご無沙汰しておりました。この度、改めて覆面調査ブログを立ち上げることとしました。

ここ3年ほどで覆面調査という言葉をよく耳にするようになりました。日本でも飲食店のガイドブックはたくさんありますし、飲食店を紹介する個人ブログも無数にあります。これらと覆面調査はどう違うのでしょうか。

簡単に説明すると、覆面調査は報道であるのに対し、ガイドブックや個人ブログはコンテンツです。

覆面調査は事実に基づいてどういう点が評価され、どういう点に是正すべき問題があるか、提示します。

コンテンツは良し悪しや相対比較をすることなく、情報を表示するだけです。

わざわざこのふたつの違いを説明しなくてはならないのは、ごっちゃにしたガイドブックが氾濫しているからです。

そして、覆面調査の権威とされる「ミシュランガイド」日本語版が今年11月に出版されます。このことで、ちょっとした騒動が起こっています。

ミシュラン総責任者が日本の芸能界デビューをしかねない勢いで露出しているそうです。各論ありますが、私は総責任者がメディアに顔を出すことが問題だとは思いません。

しかし、記者発表の場で日本の外食企業の代表(現役)を壇上に上げ、スピーチさせたと聞きました。覆面調査対象の関係者をホストの側に迎え入れた(と判断されても仕方のない振る舞いをした)のは、大きな問題です。

私の知人は「日本には『批評』という観念がなくなった」と嘆いていました。ミシュランの調査が公正と言えるのかどうか、大いに揺らいでいます。

そういう意味で、友里征耶さんがブログから情報発信し、批判精神を持ち得ない(捨てた)ライターや作家を攻撃しているのは、とても面白い構造だと思います。

私は「のんべのつぶやき」で、元覆面調査員の経験を活かして記事を提供してきました。そして、つぶやいているだけで現実の世界とコミットしていない状況に嫌気がさし、閉鎖することとなりました。

当時、私は覆面調査をそれなりの媒体で行い、飲食を商売に利用している方々に挑戦したいと思っていました。しかし今にして思うと、ふたつの違いを明確に意識できていませんでした。コンテンツでページを埋めるグルメ誌に覆面調査というものは必要とされていないのです。

というわけで、今はブログで覆面調査内容を公開することに、積極的な意味を感じています。

私たちは毎日外食したとしても、全ての飲食店を訪れることは出来ません。ならば、ひとつでも多く素晴らしい店に出会いたい。そのような気持ちで、ブログを続けていきます。

このブログ内の記事に関して、著作権は放棄していません。しかし、引用や再掲は問題ありません。

では、スタートします。
| fuku-men | 08:58 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:58 | - | - |
Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode