Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
「ライオン銀座七丁目店」(★★★)
立地:銀座駅最寄り
営業時間:月〜土11:30-23:00 日・祝11:30-22:30
定休日:無
http://r.gnavi.co.jp/g131800/

(飲み物)
STAYGOLD(★★★)
ドラフトギネス(★★)

客単価:1830円
訪問月/時間:09.3/20:00

>>コメント<<

レストラン事業のサッポロライオンは今年で110周年らしい。その記念で限定ビールを出すと聞いたので、行ってみた。

噂のSTAYGOLDはビール注ぎの名人に仕立て上げられた海老原さん監修のビール。6月には琥珀エビス長期熟成が限定発売されるらしいが、この商品をホップ控えめに仕上げたような感じ。

ビールはヨーロッパを中心とする近代史があり、そのスタイルも確立されている。その中でモルトやホップのレシピがあり、ピルスナーやスタウトというスタイルがある。カクテルにマティーニやモスコミュールがあるのと同じで、レシピが同じでも、作る人間によって味が大きく異なる。

サッポロは4大メーカーの中で最も野暮ったい風土を持っており、ヨーロッパの伝統を今でも感じさせる。軸がしっかりしているから、商品開発に於いても時々目を見張る結果を出している。

STAYGOLDは遠慮気味に作られた、当たり障りのない商品だ。それもそのはず、海老原さんはビール注ぎの「職人」であり、レシピ開発の経験はないはずだ。

そして、ギネスビール。随分とまあ、適当な注ぎ方をしてくれたものだ。窒素ガスの落ち着かせ方、泡の量、どれもパーフェクトパイントの基準からはずれている。メーカー推奨のパーフェクトパイントは必ずしも最高のギネスを飲むための条件ではない。だが、ライオンのギネスは「この注ぎ方の方が美味しい」という哲学を持っているものでもない。

この店の1階は天井が高く、なかなか風情がある。席の間隔が狭く、サービス力は低い。しかしそれも許せてしまう雰囲気だ。

営業時間が終了すると入り口の扉が開きっぱなしにされる。寒風を入れて客を追い出す措置だが、これはひどい。ちゃんと客に声掛けしてからなら分かるが、諸々がやっつけ仕事である。

海老原さんは月曜と金曜の19時過ぎからお店にいるそうだ。なんだかんだ言って、彼の注いだジョッキビールは飲んでみたい。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 04:57 | - | trackbacks(0) |
-兵庫-「Beer Cafe Barley」(★★★★)
立地:西宮北口駅徒歩3分
営業時間:13:00-0:00
定休日:火曜
http://www.beercafe.jp/

(飲み物)
ドラフト ヒューガルデンホワイト(★★★★)

(食べ物)
自家製パテ&バゲット(★★★★)

客単価:約1500円
訪問月/時間:08.10/15:00

>>コメント<<

ドラフトビールの充実した店。西宮は高級住宅街にあたるらしく、三宮周辺とは全く雰囲気が違う。この立地、飲食店は難しいだろう。

ビールがメインの店である。料理はビールと相性のいい軽食と考えた方がいい。パブのように揚物や肉料理に偏っておらず、メニュー構成への配慮が感じられる。

ドラフトビールは回転が悪いと品質が落ちていく。某ビール会社では週に樽1本を空けられない場合、樽ではなくて瓶ビールに切り替えるよう店と交渉を始める。

この店はクオリティの管理はしっかりしていると思う。しかしまだ、客は少ない。人気が出て、常に美味しいドラフトビールを提供できるようになるといいのだが。それと、もう少し開放感のある空間であれば、ランチでも集客できるだろう。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 10:17 | - | trackbacks(0) |
-兵庫-「オールド イングランド」(★★)
立地:三宮駅徒歩5分
営業時間:17:00-2:30 日曜・祝日15:00-23:45
定休日:無
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000017462.html

(飲み物)
ドラフト 琥珀エビス(★)
ドラフト ギネス(★★★)

(食べ物)
フィッシュ&チップス(★★)

客単価:2770円
訪問月/時間:08.10/22:00

>>コメント<<

ブリティッシュパブらしい。ハブのように、くだけた居酒屋である。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 06:40 | - | trackbacks(0) |
「ルーニー」(★★★)
立地:渋谷駅徒歩5分
営業時間:17:00-4:30
定休日:日曜
http://www.rooney2008.com/

(飲み物)
ドラフト ハイネケン(★★★★)

客単価:900円
訪問月/時間:08.9/22:00

>>コメント<<

どんなに不器用でも、理屈さえ弁えていれば美味しいビールを提供できる。この店のビールの注ぎ方はたどたどしく、たとえばにぎり寿司で捨てシャリを嫌う客がいるように、私もこの店のビールの注ぎ方には愛情の欠如を感じ、好きにはなれない。ただ、味についてはそれなりのレベルである。

団体客を積極的に受け容れており、彼らに提供するビールは作り置きをして泡だけ足している。こういった点を看過できる人ならば、この店で満足できるだろう。二次会でこの店を訪れたら拾い物をしたと喜ぶだろう。目的を持って訪れた場合は、様々な「欠陥」が目に付くかもしれない。

若い店なので、今後は変わっていくはずだ。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 03:54 | - | trackbacks(0) |
「フォルチェ」(★★★★)
立地:渋谷駅徒歩3分
営業時間:月〜土17:30-26:00/日祝15:00-23:00
定休日:無
http://failte.jp/

(飲み物)
ドラフト ギネス(★★★★★)

客単価:950円
訪問月/時間:08.10/22:00

>>コメント<<

アイリッシュパブは基本的にキャッシュオンデリバリーで、多くのサービスを期待してはいけない。猥雑な空間で、好きに酒を飲めばいい。

この店は客が少ないこともあってか、まとめて最後に会計する。但し、サービス意識は希薄で、エレベーターまでのお見送りをしているのだが、ボタンを押すとぷいとその場を去ってしまった。

5席程度のカウンター席のほか、奥には団体にも対応できるテーブル席があり、ほかにテラス席がある。スタンディングにも対応できる、余裕のある空間だ。

さて、ここのギネスは他店では考えられないくらい時間がかかった。7分程度だろう。しかし、これがおいしい。カラメルの苦みとコクが口に残る。温度は8度くらい。シャムロックでクローバーを描いている。グラスには1点の汚れもない。

私が5つ星を付けたドラフトギネスはここと白金「ボウラン」だけだったと思う。この1杯を飲みに訪れるだけの価値はあるだろう。

ドラフトビールは5種類程度あるようだ。ワインも揃えている。一方で料理を積極的にアピールはしていない。カジュアルなバーとして、美味しいお酒を飲める店である。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 08:52 | - | trackbacks(0) |
「横浜オクトーバーフェスト2008in 赤レンガ倉庫」(★★★★)
立地:馬車道駅徒歩7分
営業時間:平日12:00-21:00/土日祝11:00-21:00
http://www.nihon-oktoberfest.com/fest_place/yokohama/index.html

(飲み物)
キリン オクトーバーフェスト(★★★)
シュパーテン オクトーバーフェストビア(★★★★)
キリン スタウト(★★★)

(食べ物)
バデンザ ジャーマンプレート(★★)
バデンザ ドイツ風ラビオリ(★)
バデンザ 枝豆(★★★)
横浜ロイヤルパークホテル 点心3点(★★★)
横浜ロイヤルパークホテル 鮪とアボカドのタルタル(★★)

客単価:約5000円
訪問月/時間:08.10/14:00

>>コメント<<

毎年恒例、秋の楽しみである。今年で3回目の参加だが、基本的な内容は毎年変わらない(サンクトガーレンは今年初出展だと記憶する)。入場料200円で、オープンエアで秋の日の下、昼下がりからビールを飲める。

このような雰囲気、横浜にぴったりである。参加者の半数は女性で、ビールを美味しそうにグビグビと飲んでいる。気持ちのいい光景だ。

フードに関しては期待しない方がいい。バデンザの料理については看板の写真と実際の内容が大きく違い、写真ではソーセージ5本のプレートが実際には3本だった。味は悪くないし、断トツの一番人気である。なだけに、そのあたりは誠実さが求められる。

バデンザの料理はどれも冷めていて、その点も不満だ。一方横浜ロイヤルパークホテル の点心は熱々で、これだけでも嬉しい。しかし鮪とアボカドのタルタルはソースがほぼゼロで、シェフの技量には疑問符が付く。アボカドも若くてかたい。

ファイブミッションのグリル料理は魅力的だったが、食さなかった。客も全く寄りつかない。演出が足りないのだ。素材を活かした料理は好印象だが、ビールが主役の舞台では力不足だ。枝豆や唐揚げを盛り合せたプレートを用意しておけば、それなりに客が入っただろう。

このイベントの特徴のひとつが、ドイツ風の楽団の演奏である。ただし、今回は壇上での演奏と踊りしか見られなかった。以前、外で、客の目の前で演奏と踊りをして、大盛り上がりになった。

時間帯によるのかもしれないが、迫力ある間近での演奏が見られなかったのは残念である。すぐ傍での演奏と踊りは盛り上がるし、いい思い出となる。これを忘れずに、今後も変わらぬ運営を期待したい。13日(月)まで開催している。
JUGEMテーマ:グルメ
| fuku-men | 20:49 | - | trackbacks(0) |
「ダフィーズ」(★★★)
立地:銀座駅徒歩1分
営業時間:月〜木17:00-23:30
金・祝前17:00-2:00
土・日・祝16:00-22:30
定休日:無
http://r.gnavi.co.jp/g428000/

(飲み物)
ギネス(★★)

客単価:950円
訪問月/時間:08.08/21:00

>>コメント<<

何年ぶりの来店だろうか。銀座を歩いていて素通りすることはあったが、ずっと入らなかった。悪い店ではないが、特別ビールが美味しいわけでもなかった。今回は、味を確かめるために訪問する。

店内には思いの外客がいた。3分の1ほど客席が埋まっている。注文したのはギネス。酸味が立っている。泡には苦みがある。コクはない。

樽を冷蔵しているようだ。これはホブゴブリンと一緒だ。そうえいばあちらも冷え冷えで、酸味が立っていた。樽を冷蔵することでこういう味になるのだろうか。

樽を冷蔵するというのはそれだけコストがかかり、品質にこだわっている証拠なのだが、ギネスは樽常温の方がいいのかもしれない。その方が苦みとコクが一体になるのだろう。

ここの酸味ばかりのギネスは、安い赤ワインを想起させる。もしかしたら、意図してそういう味で提供しているのかもしれない。あるインポーターはベルギービールを販売するとき、「ソムリエ、バーテンダーの皆さん、注目です」と語る。個性的なビールをワインやカクテルの基準で評価してもらいたがっていたのだ。

ビールの主要な原料であるモルト、ホップの可能性ということを考えると、ここのギネスは落第だろう。しかし、店内の雰囲気は変わっていなかった。酒の味で店を選ぶごく僅かな人種にはおすすめしないが、やはり悪くはない店だ。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 01:23 | - | trackbacks(0) |
「タップルーム」(★★★★)
立地:中目黒駅徒歩3分
営業時間:11:30-23:00
定休日:無

(飲み物)
柚子エール(★★★★★)
セレブレーション(★★★★)
中目黒ビター(★★)
帝国IPA(★★★★)

(食べ物)
ピザ(★★)
サラミ(★★)
サラダ(★)


客単価:4000円
訪問月/時間:08.6/21:00

>>コメント<<

沼津のベアードビールの店である。

ビールの種類は15種類ほど。全部ドラフトだ。限定商品が6種類くらいある。

この店はコンセプトからしてはずしようがない。常連らしき客が訪れ、ビールを楽しんでいる。それでいて4つ星というのは、かなりの減点材料があるということだ。

店内の内装は手作り感が溢れ、椅子などは見た目で立て付けが悪い。スタッフはビール好きなのだろうが、接客は素人だ。キャッシュオンはサービスレスと思われがちだが、こういう店は接客次第で売上が最大1.5倍程度になる。もちろん、満足度も同様だ。

この料理内容でスタッフ3〜4名に対して15名〜20名というのはスタッフ数過剰である。しかし、このスタッフで満席の店を回せるとは思えない。

料理は揚げ物、焼き物、乾きものなど。味付けは家庭料理レベル。

中目黒にはビールの店が無いに等しかったし、地下鉄13号線でアクセスもよくなることから、この店がこけることはないだろう。しかし、ビールの味で勝負する店なのだから、それに負けないサービス(演出)もほしいところだ。

ビールを最も美味しく飲んでもらおうという気持ちが、足りない。明らかに足りない。長く愛される店になることが確実であるだけに、スタッフの成長が待たれる。
JUGEMテーマ:グルメ
| fuku-men | 16:35 | - | trackbacks(0) |
「あじろや」(★★★)
立地:広島空港内
営業時間:6:50-20:30
定休日:

(飲み物)
ドラフト 一番搾り(★★★)

(食べ物)
穴子丼(★)

客単価:2180円
訪問月/時間:08.5/18:00

>>コメント<<

帰りの空港で、何を食べようかと思案する。みっちゃんは悪くないが工夫もない。尾道ラーメンは食べてみたかったが、フードコート内のメニューを見る限り期待薄だったので取り敢えず控え候補に。広島の穴子はまだ1食しか食べていないということで、ここを選んだ。

ビールのジョッキは油汚れあり。泡はクリーミー。広島空港内でビールを飲むのはこれで3軒目だが、ここが最もクオリティが高い。

穴子丼の膳は、茶碗蒸しからして具だくさん。穴子、鶏肉、海老、かまぼこ等が入っている。赤だし味噌はわかめにネギに麩。意外に丁寧な調理だ。

肝心の穴子は平たくベチャッと、乾燥気味。ご飯に生臭さが移っている。保存、下処理、調理とすべてが未熟。山椒でごまかすしかない。

しかし、チェーン店としては優秀だ。スタッフの動きに無駄が少ない。フロントで客を案内するとき、ちょっとした言葉遣いで客を「望む席」に誘導している。空港内という場所でスムーズに客を入れ替える技量は大したもんだ。そこら辺のファミレスでは出来ない。

店を回すテクニックには感心するが、食事をする場所としての特別性はない。ここと隣のロイヤルは窓際で飛行機の離発着が眺められるため、待ち時間がたっぷりある客に人気がある。
JUGEMテーマ:グルメ


| fuku-men | 19:42 | - | trackbacks(0) |
「ゴールデンガーデン」(★★★★)
立地:広電八丁堀駅徒歩3分
営業時間:16:00-25:00/金・土16:00-3:00
定休日:日曜・HAPPY MONDAY
http://golden-garden.jugem.jp/

(飲み物)
ヒューガルデン(★★★★★)
三好ベッケンバウアー ストロングウィート(★★★)

客単価:1730円
訪問月/時間:08.5/18:30

>>コメント<<

関東と関西では、外食企業の勢力が違う。たとえばベルギービールは関東がブラッセルズ、関西はドルフィン。最近東京で展開しているベルジャンビアカフェはもともと関西勢。
(ここでは関東=日本の東側、関西=日本の西側という大雑把な分け方である)

関西は神戸港があり、輸入物の品揃えも関東とは違う。九州が近いから焼酎も定番からして見慣れない銘柄がある。日本酒の生産高一位は神戸だが、東京では新潟のそれよりマイナーである感が否めず、関西での大量消費が順位を底上げしていると予想される。そういった違いがある。

だから、関東から関西を訪れると、違いこそが楽しみなのだが、現地ではその点を意識していない場合がある。この店もそうだ。

さて。ヒューガルデンがおいしい。ビールはスタイルによって温度を設定し、提供している。泡の状態、ビールの香り、どれも最高レベル。樽の安置、グラスの洗浄など、ごく基本を守り、このクオリティを実現している。

ドラフトは5種類くらい。ボトルが数多くある。メニューにはスタイル毎に分けられ、詳細な説明がある。こぢんまりとした店で、店主の意向が隅々まで反映されている。だからいつ訪れても満足できるだろう。

とてもいい店だと思う。だが、店の成り立ちについてもっと求学して然るべきだ。同業他店と比較して、自分たちが志向するものはどう違うのか、考えなくてはいけない時期が来るかもしれない。

たとえば東京で他店舗を展開するオザミグループは、関西のインポーターからワインを仕入れているらしい。なぜ、わざわざ関西からなのか。コンセプトをかっちり固めていけば、そこに辿り着いたわけを説明できるようになる。

今回の広島訪問で、この店の発見が一番の収穫であった。
JUGEMテーマ:グルメ
| fuku-men | 14:19 | - | trackbacks(0) |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode